手汗でスマホがベタベタになった時の効果的な3つの対策をご紹介します。

手汗でスマホが反応しない!?

大事な電話がかかってきたのにスマホが反応しない。
手汗で汚れてベタベタする・・
そんな悩みはありませんか?

 

手汗でスマホがベタベタにならずにすむ
効果的な3つの対策をご紹介します。

 

手汗がベタベタする原因も合わせてチェックして下さい。

 

■タッチペンを使ってみる
タッチペンはデザインも豊富で100円ショップでも売られています。
手汗がひどい方にはとってもお勧めの一品です。

 

タッチペンを使うことで誤作動も防ぐことができて、
画面も汚れません。一石二鳥です。

 

最近では手汗に悩んでいる人はもちろんですが、
パズドラやモンストなどのゲームをスマホでやる人にも大人気です。

 

■厚めの画面保護シールを貼る
スマホの画面が反応するのは、静電容量方式といって、
スマホの表面に流れている静電気が指でタッチすることで
静電気が乱れて反応します。

 

指に手汗が付いた状態でスマホの画面をタッチすると、
指でタッチした部分と手汗がついた部分の両方で静電気の乱れを
感知するので誤作動が生じます。

 

スマホにしてみればどこをタッチされたのかが分からなくなってしまうのです。

 

そこで厚めの保護シールを貼ることで、
このスマホが静電気の乱れを感知する感度を弱めることができます。
その結果、スマホが手汗に対して敏感に反応しなくなります。

 

ポイントは厚めの保護シールです。
薄い保護シールだとスマホの静電気を感知する感度を弱めることができません。

 

■手汗対策のパウダーを使う
手汗用のパウダーを使うのも効果的です。
即効性もあるので付けて数時間は手のひらがサラサラになります。

 

しかし、中には成分の強い物もあるので無添加の物を選ぶようにしましょう。

まとめ

スマホの手汗対策はいかがでしょうか。
手汗対策にはタッチペン、保護フィルム、手汗対策のパウダーの
3つからお好みで実践してみて下さい。

 

個人的には保護フィルムと手汗対策のパウダーがお勧めです。
手汗対策のパウダーを1つ持っていれば、
手汗をすぐに止めたいシーンでも便利に使えます。

 

また、手汗の原因について興味のある方はチェックして下さい。